スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪徳の宴・9

今回個人的には結構満足のいく出来。しかし、好みの分かれる展開となりました。


ちなみにこのシリーズ、一応時系列順に並んでいます。
が、それならば一端囚われたはずの人が再度外に出ているのが不思議な方もいらっしゃると思います……主にスイートナイツやったことない方を中心に。
まあ前回のシルヴァ君みたいに互いに足を引っ張り合ってるとか、管理局が必死になって奪還したとか言う事情もあります。
が、その根底にあるのは、原作通りのキャッチ&リリースがお約束ということです。

→続きを読む

スポンサーサイト

悪徳の宴・目次

悪徳の宴

スイートナイツシリーズ×リリカルなのは。
メッツァー、ファルケ、シルヴァが三者三様の方法で、でもシリーズのお約束に乗っ取った上でなのは、フェイト、はやてに挑む。
エロは大分悩みましたが、結局お約束込みで僅かばかり入れています。


1 【序章】 
2 【飛翔】 
3 【閑話】 
4 【汚染】 
5 【残滓】 
6 【捕獲】 
7 【侵食】
8 【蹂躙】
9 【代償】
10【覚悟】
11【運命】
12【憤怒】
13【弾劾】
14【根源】
 完結

コンセプトは「少女倒すに刃はいらぬ 心を一つ折ればいい」。
どんだけ弱くても非殺傷設定さえ無効化できればなのはたちの砲撃ほぼ完封できるよなあ、という最低な発想がまず頭にあって、それを肉付けする形で出来ていきました。
まあ実際にはバインドで縛られてボッコボコに殴られる気もしますが。

ちなみにタイトルは、表現の自由を掛け合わせたという安直なもの。
が、響きが割と気に入っている。

悪徳の宴・人物紹介

スイートナイツシリーズの登場人物紹介。
リリカルなのはは多分原作見てなくてもこのブログに来る人なら二次などであらかた把握していると思われるので、いらないと思う。
結構古いゲームなので、プレイして把握しろor思い出せとは中々言いにくいので作りました。

出来れば本編読んでから読んでほしいが、それだと確実に本編読んでる最中理解できないというジレンマ。
が、どう考えても知っている人しかわからない紹介文になってしまったと書き上げてから思った。

まあいいか、コンプリートディスクも出てるので巣作りドラゴンみたいにやりたいのに手に入らないということはないと思われます。

→続きを読む

悪徳の宴・8

ある意味リベンジだな……もともとこの設定は一話目書いた時点でぼんやりとは決めてたんですけど、自分の引き出しの少なさを感じるなあ。まあ、スターシステム的なものということで。

→続きを読む

プロフィール

基森

Author:基森
蚕鳴や円禍と名乗ってたこともあります。

主に小説・ssなどを置いているブログです。

自前の本棚を持つのは初めてなので手探りでやっている程度のものですが、わずかばかりの暇つぶしにでもなれば幸いです。


メールは「kulukku106☆yahoo.co.jp」まで、☆を@に変えた上でお願いいたします。

そろそろ、非営利にならトップへのリンクフリーとか言ってみたり。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。